アラサーになり頭の臭いがストレスになってきた

頬はカサカサ乾燥、額はテカテカ油っぽい…明らかに混合肌の私ですが、面倒臭がらずに「ゴシゴシ擦らない洗顔、洗顔直後の保水&保湿」の基本中の基本をきちんと念入りに、迅速に実行する事で肌の状態は良くなりました。洗顔料、化粧水、乳液等々…膨大な数の商品から自分のお肌とベストマッチする商品を見つけ出す事も大切かもしれませんが、「基本がしっかりできている」状態でなければ意味をなさないのだなぁ…とわかりました。たまには手抜きして基本を無視してしまうこともありますが、すると以前の混合肌にあっという間に戻ってしまうので、基本に忠実に!と自戒するようにしましょう。

妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、肌には潤いがなくなり、肌荒れを引き起こしやすくなります。

妊娠前よりも保湿の重要性が高まりますが、特に妊娠中、乾燥によって引き起こされる肌の異常といえばお腹周りなどにできる「妊娠線」ですよね。お腹が大きくなるのは胎児が大きくなっているからこそですが、皮膚の伸びがそれに対応できなかったため組織が断裂して線になっているので、妊娠線という皮膚の傷を防ぐには、保湿剤をこまめに塗って対応するだけでなく、皮膚が体型変化についていけるようにゆっくりと体重が増えるようにしなければなりません。

30代になってから、目元のシワやたるみができてしまって困っています。

目元の問題が出てきた頃に子供を産んでいるので、ホルモンのバランスが乱れていた事も関連しているかもしれません。

細かいシワの集まった「ちりめんジワ」も目の下に現れていました。

解消に向けて目の体操をしたり、夜はシワまで潤いを閉じ込めるケアをしっかりとしています。

ストレッチは、目を大きく見開いてからぎゅーっと閉じるを繰り返し行います。毎日のスキンケアは、化粧水だけでなく必ずパックも使用して潤いを与えた後、目の下には少しだけワセリンを塗って潤いを閉じ込めるようにしています。

妊娠の初期段階ですでに、肌が敏感になり今までのスキンケアが合わなくなりました。

着ている服で体中がチクチクして痒くなってしまったり、顔もガサガサとして潤いがなくなってしまいました。
なので無添加の物を選ぶようになりました。

出産をおえたら体の痒みはとたんになくなりました。
ところが肌の乾燥までは消えて無くなることはありませんでした。出産後で体力も戻らない中育児で時間をとられ、出産前と同じように自分の肌と向き合う時間を確保することができず、時短でもしっかりとスキンケアできるオールインワンジェルを愛用するようになりました。

肌を乾燥させる悪習慣の一つが、洗顔です。女性はメイクをするとダブル洗顔と言って化粧落としと洗顔フォームで2回顔を洗う人が多くいます。

洗顔時、クレンジング剤や洗顔料が肌が必要とする皮脂を過剰に奪っていると思われます。

しかも年を重ねることで肌が持つ油分が低下するため、乾燥を後押ししてしまうのです。

よって洗顔後は保湿効果がある化粧水や乳液を利用してケアすることが重要です。
スキンケアで私が重要視していることは、先につけたお肌ケア化粧品が肌のすみずみまで行き渡ってから次のお肌ケア化粧品を浸透させるというものです。洗顔後、タオルドライした顔にまずは化粧水を使います。その後すぐに美容液、乳液といったものを使うのではなく、化粧水がしっかり肌に浸透するまで少し待ちます。十分に化粧水が行き届いたと思ったら次のケアを進めましょう。
この工程も化粧水と同じで浸透するまで待ちます。
美容液が肌に浸透したら最後にクリームをつけます。

急いでお手入れするよりもグッと肌の調子が整いますよ!冬場以外はそれほど乾燥肌で悩む事もないのですがいよいよヒートテック系の肌着で寒さ対策をしようとなると乾燥肌が目立つようになります。

ヒートテック系下着が採用している発熱系繊維の性質は、繊維が皮膚から水蒸気という水分子を吸着しその時に気体から液体に変わる瞬間の発熱エネルギーを暖かさの仕組みとしているのですが、普段は肌の乾燥がない私ですが、ものすごい乾燥肌になります。

吸湿発熱素材を使用した肌着などを着ていて、乾燥肌が気になるようになった方はこうして引き起こされている可能性が高いのです。吸湿発熱系素材のインナーを着るのなら「外出前&帰宅後」には、、しっかりクリームなどによる保湿をすることをオススメします。洗顔は皮膚が乾燥する原因の一つと言えます。

女性はクレンジングを使いメイクを落とし、さらに洗顔料で落とすいわゆるW洗顔をすることが多いですね。
その一連の作業が本来ならば皮膚が必要としている油分をも強制的に除去してしまいます。
年齢を重ねることでお肌自体の油分はどんどん減っていくため、より乾燥を進めます。洗顔後には保湿成分入りの化粧水、乳液でケアをすることが大切なのです。

洗顔後すぐに化粧水をつけることは効果的だといわれています。洗顔後の肌は潤いをなくしてしまいます。

タオルで優しく水滴をふき、手のひらで軽く覆うようにしてつけましょう。

入浴後の場合でもパジャマを着るよりも真っ先につけた方が効果的です。これだけのことで、朝起きると肌がプルプルとしています。

日頃使っている化粧水でも大きな効果が得られます。日頃のスキンケアとして気を付けていることは、何と言っても保湿です。

お風呂上りには真っ先に化粧水をお顔にパシャパシャと、これでもかとなじませます。次に美容成分の入った乳液を必ず使い、化粧水の潤いを逃さないようにしています。

私が愛用しているのは、ヘチマ水です。

コスパが実に良い商品なので、贅沢に使うことができます。顔から首、胸元と広い範囲に使えます。もう何年もこの方法でお手入れをしていますが、常にお肌の状態が良いです。