白くなりたい

白くなりたい

肌が白く美しい事は、女性にとってとても価値のあるステータスです。

 

 

 

「肌が白いは七難隠す」と昔から言われているように、色白肌だとそれだけで美人に見られる要素が高まります。

 

 

 

 

色白な方は普段のスキンケアから

 

もともと色白な人は、日頃のお手入れと紫外線対策に気を配っていれば、いつまでも白い肌を維持することはさほど難しくありません。

 

 

 

たっぷりの泡での洗顔、化粧水をケチらず使っての保湿、寝る前は必ずメイクを落とす、日頃のストレスをため込まないなど、肌のために気をつけたい項目は他にもいくらでもあります。

 

 

 

ですがあまり頑張り過ぎると新たなストレスの元になってしまったり、肌が甘やかされて本来の力を発揮出来なくなってしまうので、普段は基本的なお手入れをコツコツと積み重ねることを意識しましょう。

 

 

 

 

お肌を白くするには?

 

色白の人はその肌の白さをキープする事に気をつければ良いのですが、これから美白ケアをしたい人やもともとの肌が色黒な人はどのようにすれば良いのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

まず、自分が美白出来るのはどのあたりまでかを把握して目標を立てましょう。

 

 

 

本来自分の肌が持つ一番の白さまでは近づけることが出来ます。

 

 

 

お尻や二の腕・太ももの内側など、普段紫外線の影響をあまり受けない部分の肌を見て下さい。

 

 

 

日頃から露出の多いファッションを楽しんでいる人はお尻の肌を見るのが良いでしょう。

 

 

 

化粧水や乳液など、基本的なお手入れに使う化粧品は美白効果の高い物を選ぶのがベストです。

 

 

 

美白ケア化粧品の市場はとても大きく、種類も価格帯も様々ですが、選ぶ際のポイントの一つは価格帯が自分にとって無理がない事です。

 

 

 

高い化粧品はそのぶん効果が高いはずだと考えがちで、それは間違ってもいないのですが、大切な事は保湿ケアの際にケチらずにたっぷりと使えるかどうかです。

 

 

 

背伸びし過ぎた高価な化粧品はどうしても量を節約して使ってしまうので、充分な美白成分を肌の奥まで届ける事が難しくなります。

 

 

 

量をたっぷり、ケチらずに使える製品かどうかを頭に入れながら、美白ケア用の化粧品を選んでみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

美白に良いとされるビタミンCが豊富に含まれた果物や野菜を多めに摂るよう心がけるのも良いでしょう。

 

 

 

ビタミンCというとレモンが代表格ですが、フルーツであればキウイ、イチゴ、グレープフルーツなどの柑橘類、野菜であればレタスやじゃがいもなど、比較的日頃の食事に加えやすい食べ物もたくさんあります。

 

 

 

また近年は、美白のためのサプリメントも数多く販売されていますので、チェックしてみるのもいいでしょう。